おまとめローンと債務整理徹底比較

おまとめローンと債務整理徹底比較しました。どちらを選ぶかは人生の分かれ目です。しっかりと比較して検討しましょう。

トップページタイトル

おまとめローンの盲点


おまとめローン最大の盲点と言われるのが、借りているお金の減額効果はそう大きくはないというところです。

改めて説明するまでもなく、おまとめローンに切り替えることができた後はATM入金日、銀行からの引き落としデーがたった1日になります。


A社から20万円、B社から30万円、C社とD社から25万円ずつ借りていたお金をそれぞれ返済していた慌ただしい生活から脱出できます。

返済日が1日で済む生活に切り替わりますので精神的負担も減るでしょう。


低い金利のおまとめローンを契約することができれば、その分月々払うお金も少なくなります。

1社に返済すれば良いので毎月の負担額は多少なりとも減ることは確かです。

その為「返済額ダウン=借金が減った」と誤解する方もいらっしゃるようですが、トータル金額はそこまで大幅に減っているわけではありません。


また、契約が成立した時点で自転車操業生活から解放され、まるで完済したかのような解放感に浸ってしまう契約者もいらっしゃいます。

借り入れを整理しただけで返済義務から逃れられたわけではありません。

それまで返済を最優先して生活していたのに、早速滞納し始めるケースも少なくないようですからゴールではなくスタートに戻ったのだと気を引き締めましょう。


また、例えばA社のおまとめローンに切り替え契約先を1本に絞った後、完済したB社、C社、D社から増額のお知らせが来る可能性があります。

完済し実績ができただけに、以前よりも多くお金を貸しましょうと誘われることがありますが、強い意思ではねのけましょう。


 

信用情報の問題もあります

おまとめローンと債務整理のどちらの方法がベストな道なのか、状況次第で違うので一概にいうことはできません。

ただ、選ぶことができるなら債務整理よりもおまとめローンを選択した方が良い・・・と言われるのは、信用情報の問題が絡んでいるからです。


とても個人では返し切れないような大き過ぎる負債を抱えてしまった場合、一気に減額して貰える可能性があります。

さらに場合によってはゼロ円まで帳消しにされる可能性がある債務整理を頼るしかありません。


けれど自己破産にしても他の方法にしても、4つある債務整理の方法はどれも個人信用情報に事故記録が記載されてしまいます。

早くても5年間はこの記録によって新たな借り入れができなくなります。


もう借金はしない、と誓っている方でも大型家電を購入する時など分割払いにしたくなる場面がある筈です。

けれど契約制限中は大手家電量販店のローンも含め、お金を借り入れることはできなくなるので注意が必要です。


また、自己破産のように債務整理後、特定の役職、職業に就けない期間が一定期間あることも見逃すことはできません。

該当する職業に就いていた場合、借金を返し終わっても収入口を確保することができません。


しかもお金を借り入れることもできず、四面楚歌状態に陥ることも。


弁護士さんや宅地建物取引主任者、生命保険の外交員、警備員などの職業に従事している方は、将来のことも考える必要があります。

できれば信用情報を傷つけることがないおまとめローンを検討しましょう。


 

借金返済額で比較してみるとどうなるか?

おまとめローンと債務整理方法のどちらが自分にとって適しているのか、決めかねている方もいらっしゃるでしょう。

参考までに、借りているお金の返済額という視点でおまとめローンと債務整理方法を比べてみたいと思います。

まず、おまとめローンに切り替えた場合、必ずしも返済額が減るとは約束されていません。

大抵の場合金利が低くなり、低くなった利息分だけトータル金額が減りますが正直なところそう大きい金額ではありません。


一方、任意整理と特定調停の場合、和解さえ成立すれば利息分はきれいにカットされますし過払い金に相当する金額に関しても“相殺”ということで減らすことができます。

条件次第ではゼロになるどころか、おおめに払ってしまった分のお金が戻ってくることもあります。

個人再生では、住宅ローン以外の借り入れの20%分だけ返せばOKという原則があります。

利息分どころか約2割に減るわけですから、まるで魔法のような解決手段ですよね。

自己破産も免責が決定すれば1円も支払わずに済む夢のような解決手段です。

いずれにしても「美味しい話しには裏がある」ということで債務整理方法を選択してしまうと最低5年から10年は事故記録が残されてしまいます。

大きな買い物も現金でしか支払うことができず、債務整理後ひしひしとこの借金解決手段のデメリットを感じることになる筈です。

おまとめローンはそういった裏ワザ的な手段ではありません。

あくまでも借りたお金を地道に返し続ける方法ですから、信用情報に傷をつける心配はありません。

借りたお金を大胆に減らすことができる解決策は魅力的ですが、決して軽くないリスクも伴うことは忘れてはいけません。