おまとめローンと債務整理徹底比較

おまとめローンと債務整理徹底比較しました。どちらを選ぶかは人生の分かれ目です。しっかりと比較して検討しましょう。

炙り出されたデメリット

おまとめローンか債務整理か、膨れ上がった返済地獄を目の前に決断を迫られている状況だと、ついメリット優先で比較検討してしまう傾向があります。

けれど選択を誤ってしまうと後々大変なことになりますから、冷静にデメリット面も見比べなければなりません。


例えば、個人キャリアを汚さずに済む、という大きなメリットがあるおまとめローンにも弱点があります。

債務整理方法と比べ、おまとめローンは借りている金額を減らす効果はほとんどありません。

金利が安い契約先を選ぶことで利息分減らすことはできますが、ほとんどの借り入れは残ってしまう状態です。


減額対策というよりは整理対策と言った方が正確かもしれません。


その点、債務整理方法はどの方法も絶大な借り入れの減額効果を発揮しますが、それぞれの方法に決して軽くないデメリットが・・・。


例えば任意整理の場合、要するに話し合いで妥協点を見出す方法の為相手に和解を拒否される可能性も十分にあります。

裁判所が交渉を担当する特定調停も、中立の立場ゆえ確実に自分の味方になってもらえるとは限りません。

もし支払いが滞れば即収入源が差し押さえられてしまう恐れがあります。


個人再生は旨みの多い分、煩雑な手続き、時間がかかる仕組みゆえハードルの高い解決策です。


自己破産も借り入れの理由次第では誰でも利用することができる手段とは言えません。

財産が処分されてしまう為せっかくのマイホームやマイカーを手放さなければなりません。


債務整理はどの方法もキャリアに傷がつく点が、おまとめローンと大きく違う点です。